健康保険

2011年2月12日 (土)

協会けんぽの保険料率が平成23年3月から改定されます

協会けんぽの保険料率が平成23年3月(給与の支給で言えば4月支払い分)から
改定となります。
保険料率は、各都道府県ごとに決められていますが、

【東京】 健康保険9.32%→9.48%
【埼玉】 健康保険9.30%→9.45%
【千葉】 健康保険9.31%→9.44%
【神奈川】健康保険9.33%→9.49%
です。 同時に介護保険料率も上がります。

例:東京都で、月給30万円の場合、月々480円(本人240円、会社240円)
  の負担増になります。
  40歳から65歳の方は、このほかに介護保険料が10円から20円程度負担増となります。

協会けんぽの案内
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,62764,131,675.html

各都道府県ごとの保険料額表(平成23年度)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,0,120,674.html

なお、健保組合についても、多くの組合で改定される予定です。

3月からの改定となりますので、4月に支払われる給与から控除する
健康保険料、介護保険料が改定となります。
例:4/15締め、4/25払い → 4/25払いから改定
  3/31締め、4/10払い → 4/10払いから改定 です。

※4月の給与計算では全員の控除する保険料が変更となりますのでご確認ください。

社会保険労務士法人 山本事務所 www.yamamoto-sr.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

協会けんぽの保険料率(平成23年度案)

協会けんぽの平成23年度の保険料率案が発表されました。

昨年、大きく改定された保険料率ですが、今年もまた上がる結果となりました。

現状では、「案」の段階ですが、例年通りですと、そのまま通りまして平成23年3月(給与の支払いで言えば平成23年4月に支払われる給与)から新しい保険料率が適用されます。

東京都の場合:平成23年2月まで 9.32%

          平成23年3月から 9.48%

「20110201-171718.pdf」をダウンロード

社会保険労務士法人 山本事務所 www.yamamoto-sr.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

出産育児一時金は引き続き42万円

出産育児一時金制度とは、健康保険法等に基づく保険給付として、健康保険や国民健康保険などの被保険者またはその被扶養者が出産したとき、出産に要する経済的負担を軽減するため、一定の金額が支給される制度です。

平成23年4月以降のこの制度について、以下の見直しを行うこととしています。

  1. 保険給付の額は引き続き42万円です。(在胎週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度加算対象出産ではない場合は、39万円)
  2. 直接支払制度の改善が行われます。(小規模施設でも受取代理を制度化することにより、窓口で、ご本人の一時的な立替えを軽減する仕組みです)

平成23年4月以降の出産育児一時金制度のリーフレット

社会保険労務士法人 山本事務所 www.yamamoto-sr.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月14日 (金)

健康保険の被保険者証の記載事項が変わります。

協会けんぽの被保険者証の記載事項が変わります。

具体的には、
1.事業所所在地の表示(住所です)がなくなります。
2.記号・番号の表示が大きくなり見やすくなります。

20110105141344

平成23年4月1日以降に発行する被保険者証から変更になります。なお現在お持ちの保険証は次回の切り替えまでは引き続き使用できます。

社会保険労務士法人 山本事務所 www.yamamoto-sr.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)